塾をお探しの皆様へ

小春学院の理念

  • 小さな積み重ねから大きな成果を生みだすことを第一に、児童・生徒が日ごろから学習ができる環境やしくみを築き上げていきます。
  • 直近の成果にとらわれない、将来に通じる一生ものの「学財」を育てていきます。
  • 一つ一つのプロセスと多角的な視点を、妥協せずに、児童・生徒に提示しながら、問題解決能力と自己表現能力の育成をおこないます。
  • 学習指導を通して、児童・生徒に自分を認めることができる自信と、困難に立ち向かえる勇気を育てていきます。
小春学院の理念

小難しい話になってしまいますが、元気のない子どもたちに元気をだしてもらう根拠となる力、自信、勇気を学習指導の中で育んでいきたいと思っています。 ちょっと生意気な子ども、突っ張った子ども、大いに結構です。真正面から問題にぶつかれるぐらいの元気がこれからの社会には必要なのではないでしょうか。そんな子どもには先生も真正面からぶつかっていきます。 元気がもてない子どもには元気が持てるようになるまで一緒に悩んだり、苦しんだりしていきます。

塾で先生と一緒に勉強するということは単純な「たし算」ではなく、相乗効果が期待できる「かけ算」的な魅力があります。先生と児童・生徒という関係から無限の可能性を生み出していくことを小春学院は追求していきます。

▲ページトップへ

塾長あいさつ

塾長あいさつ

おかげさまで小春学院は、2018年春、11年目のスタートを迎えることができました。10年間、多くのお子様たちの学習指導に携わってまいりました。10年ひと昔と言いますが、この10年で、社会のあり方も、教育を取り巻く環境も本当に大きく変わりました。これから先は、10年と言わず、数年単位で様々なことが変化していくことでしょう。数年先のことはもはや予測などできない、とも言われています。

さて、こういった状況の中で、小春学院は、学習塾としてどのようなことをやっていけばよいのだろうか?ということを、10年目を迎えた昨年度から、スタッフの間で議論をして参りました。ご存じの通り、2020年には小学英語の教科化、新しい大学入試のスタート、その後も新学習指導要領の実施に伴い、学習内容は大きく変化していくことになります。こうした変化は急に訪れるものではなく、今現在もさまざまな変化が見えないところで確実に起こっています。これまでのように、「数学が苦手だ」「社会は得意だ」といった、「教科」による「枠組み」というものは親世代の時とは異なり、あまり意味をもたなくなってくるでしょう。また、「国語が得意だから理系には行けない」「数学が苦手だから文系にする」などという従来型の進路選択も、ナンセンスになるでしょう。学校の勉強においても、定期テストでいい点数を取り、偏差値や順位を上げるといったことも、あまり意味をもたなくなってくるでしょう。小春学院では、教育のあり方が変わっていく以上、これまでの価値観にとらわれていてはいけない、という結論に至りました。

しかし、変わらないことがあります。それは、一人ひとりのお子様に合った学習内容を提供する、ということです。当たり前のことですが、この、当たり前のことこそ、今一度、その意味を再考しなければなりません。  そこで、今年度から“小春学院「1+」(ワンプラス)”、―今ある1(ワン)に、+(プラス)する― ということをテーマに掲げました。お子様には一人ひとり素晴らしい個性があります。好きなこと、得意なことがたくさんあると思います。将来の夢、やってみたいこと、いっぱいあるでしょう。今ははっきりとは分からなくても、何となくこんなことならやってみたいかな、という気持ちを持っているお子様もいらっしゃるでしょう。そうしたお子様の「今」を大切にしつつ、お子様の興味・関心を広げ、深めていけるような塾を作っていきたいと思っています。今後ともどうぞ小春学院をよろしくお願いいたします。

塾長プロフィール

埼玉県出身。青山学院大学国際政治経済学部卒。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻修士課程修了。学術修士。専門は中国文化・中国現代思想。これまでに塾の教壇から私立中高一貫校の教壇まで多くの子ども達の学習を指導。また、模擬試験問題の執筆や教材の作成など幅広く活動。現在、公立中高一貫校ポータルサイト「むぎっ子広場」にて『作文・はじめの一歩!』を連載中

趣味は映画鑑賞、読書、料理。小春学院の児童・生徒のみなさんには、小春学院で学び得たことを生涯の財産にしてもらいたいと願っています。

★公立中高一貫校ポータルサイト「むぎっ子広場」HPアドレス→http://mugihiro.com

▲ページトップへ

小春学院の学習スタイル

小春学院での学習は次のような形式で行われています。

個別”ていねい”指導

「教科書を見ながら、調べながら進める」だけで、児童・生徒たちは理解に時間がかかってしまいます。先生と児童・生徒が一緒に学習内容を整理していくことで効率的で、確かな学習の理解をすすめていきます。
ですから個別指導教室といっても小春学院にはホワイトボードがあり、目の前にいる一人の子のために先生が板書を書いて教えていきます。

考えた道筋を明らかにする学習指導

「問題を解く」というのは答え方のパターンに押し込めて答えを出すだけではいけません。問題をどのように読み、どのように考えるかが大切です。特に、「質の高い」難しい問題になればなるほど、そのことが大切になります。「どのように考えるか」をしっかり残すことができるのがノートです。自分がどのように考えたのかをしっかり残す習慣をつけることで、本番の試験でもよく読み、よく考えた解答を導き出すことができるのです。「このパターンの問題はこうすれば解けるよ!」と安易な解法は上級の学校に進学すればするほど、学習が後手にまわってしまいます。そうならないための本質に立脚した学習指導を進めていきます。

豊富な演習課題

学習の機会は塾や学校だけではありません。ご家庭でも十分な学習機会はあります。 小春学院では塾として当然ですが宿題・家庭学習の課題を出します。この宿題の出し方も適切な分量と質を十分に考えています。できない宿題は出してはいけません。問題の中には解答が出しにくいものもあります。しかし、1回の宿題がそれだけではいけません。大切なことは、家できちんとできる宿題を出すことです。そんな思いから個別単元テキストを作成することにしました。  できることを着実に取り組んでもらうことはもちろんですが、それよりも家で学習をするという習慣化を図ることも大切です。「難しいからやらない」そんな考えにさせて自信をうばうのではなく、「小さなことからやっていくことの大切さ」を伝えられるような工夫をしています。

▲ページトップへ

導入コンテンツの紹介

小春学院では、学習の理解を深め、自信をつけてもらうため、3つのコンテンツを導入しています。

学習システム「メビウス」

「どこがわからないのかわからない」「どこを勉強していいのかわからない」というみなさんの悩みにおこたえするために、春日部初となる学習システム「スーパー学習メビウス」を導入しました。
この学習システムでは、各教科の「弱点発見テスト」を行うことで自分の弱点を発見し、それに基づいて生徒さん一人ひとりのつまずきや弱点に対応したオーダーメイドの学習プリントが作成できます。そして、できるようになるまでひたすら繰り返し演習問題を行います。そうすることで、今自分が勉強するべきポイントが明確になり、効果的な学習が期待できます。
実際にこのシステムを利用した生徒の声にもあるように、たくさん演習を繰り返し、弱点を克服できたら勉強はもっと楽しくなります。弱点克服した自分に自信を持つことができます。こうしたプラスのサイクルをつくり出すことで、「やる気」も上がります!

オンライン英会話「OLECO」

オンライン英会話「OLECO」

インターネットを使って、外国人講師と1対1で英会話レッスンができるシステムです。会話の練習をするだけでなく、テキストを使ってきちんと復習も行います。
「聞く」Listening、「話す」Speaking、「読む」Reading、「書く」Writingの4技能をバランスよく鍛えることができます。
詳しくは、小春学院の英語・オンライン英会話「OLECO」をご覧ください

玉井式 図形の極み

第1工程:圧造

玉井式「国語的算数教室」でおなじみの玉井式コンテンツ「図形の極み」を導入しました。アニメーションを用いた楽しい動画を見ながら、イメージング力を高め、図形のセンスを磨きます。図形分野は、算数の中でもつまずきやすい分野であると言われています。図形が好きになれば、算数はもっと楽しくなります。小学校低学年のお子様におすすめのコンテンツです。

玉井式 図形の極み
玉井式 2018年夏に開講予定

▲ページトップへ

こはるNewsletter

保護者のみなさんへ、毎月「こはるNewsletter」を発行しております。

▲ページトップへ

保護者様・塾生からの声

保護者様からの声

保護者様から頂きました声をご紹介いたします。

A様

子どもの音読や文章の理解力を高めたいと思い、「国語専科」の小春学院を選びました。 塾では子どものレベルに合わせて進めていただき、本人のペースでしっかり勉強ができて良かったです。苦手だったことが少しずつできるようになってきたと実感しており、小春学院に通って本当によかったです。これからも長く通い続けていきたいと思います。

B様

小学2年生の夏から通っています。きっかけは、子どもの勉強の様子を見ていて、「あれ?何か引っかかっているのかな?」という親の感覚でした。学校の授業が分からない、という感じではないのですが、今後もしかしたら勉強が分からなくなって嫌いになってしまうかもしれない、という不安を抱いていた時に小春学院を知り、夏の教室を受講しました。夏の講習の雰囲気もよく、子どもも通いたいという気持ちになったため、入塾しました。塾では、解らない問題に対してもあきらめずに「自分でもう一度考える」という粘り強さが出てきました。また、解けなかった問題ができるようになったり、間違いが少なくなったりするなどの「小さな成功」が積み重なることで子どもが自信をつけてきて、親としても大変うれしく思っています。
勉強が解らなくなってから塾に行くのではなく、早めに入塾して本当によかったと思っています。

C様

小春学院に通うようになり、苦手だった文章問題に対して、理解利用とする粘り強さが見られるようになったことが大きな進歩です。塾では、苦手な問題にも目を配っていただくなど、子どものペースを大切に、細かく指導してくださるため、「できた!」「わかった!」と言うことが増えてきました。そのおかげで、子どもは、「勉強は楽しい!」と言って頑張っています。

D様

姉も中学受験で小春学院にお世話になりました。姉の受験を考えはじめたときに、親子でいろいろな塾を見学しました。中学受験が大変なのはわかっているつもりでしたが、受験生であっても友達と遊んだり家族と食事をしたりする時間を大切にしたい、子どもが楽しく通える塾であってほしい、ということを重点に置いて塾探しをしました。中学受験の講座がある塾はほとんどが大手塾でしたが、子どもの性格上、個別指導のほうがいいと思い探していたところ、小春学院のことを知りました。小春学院でよかったことは、受験テクニックや詰め込み中心の授業ではなく、子どもがきちんと理解することに重点を置いていること、振替え授業があることなどです。これらは大手には無い魅力です。 
子どもは、頑張って受験の日を迎えたものの、緊張のあまり頭が真っ白になったようで1度目の受験は残念ながら落ちてしまいました。先生に相談したところ、休校日にもかかわらず娘のためだけに教室を開けていただき、2回目の試験に向けて、丁寧に指導してくださいました。この指導を通して、子どもの緊張もほぐれ、2回目のチャレンジで無事に合格することができました。家族や友達と過ごす時間を大切にしつつ、子ども2人とも志望校に合格できたのも、めがね先生ご指導のお陰だと心から感謝しています。本当にありがとうございました。(昌平中学進学)

E様

志望校に合格しました!!これまで続けてきた努力が実り、本人にとっても大きな自信となりました。受験という初めての経験にプレッシャーを感じながらも、それを乗り越えて大きく成長した気がします。
合格するまであきらめずに続けてこられたのも,めがね先生の温かいご指導のおかげです。「ただ勉強する」だけではなく、本当の意味で「学ぶこと」を、めがね先生から教えていただきました。ありがとうございました。(昌平中学進学)

塾生からの声

小学生
Aさん

学校だと、みんなのペースと同じに進めなければならないけれど、塾では自分のペースで勉強を進めていけるのがいい。何より先生の教え方がうまい!!

Bさん

漢字の勉強をがんばっています。書き順や読み方を勉強しています。前よりも上手に読んだり書いたりできるようになりました!先生の教え方が面白いです。

Cさん

先生が優しく、分かりやすく教えてくれるので勉強するのが楽しくなりました。

Dさん

学校でみんなで学習をするよりも、塾で一つひとつ丁寧に教えてもらえることが私にとって最適です。先生は一人ひとり教え方を変えていて、教え方が上手なので、学ぶ環境がすごく整っていると思います。

Eさん

教え方が上手でとても分かりやすいです。休み時間や講習期間には、ごほうびにお菓子が出てくるので楽しいです!塾では、個人のペースに合わせて勉強できるので、解らないところも丁寧に教えてくれます。自分の学力に合ったプリントやテキストを作ってくれるので、無理なく勉強ができるようになり、力がついてきたと思います。

Fさん

勉強はあまり好きではなかったけれど、塾では頑張れます。中学受験に向けての勉強をしているので、学校の勉強よりも幅広く勉強できて、やりがいがあります。先生はちょっと疲れている時もあるけれど、ちゃんと丁寧に教えてくれるので分かりやすいです。

Gさん

中学受験の勉強をしています。自分のペースで進められてとてもいいです。学校の勉強にも、塾でやったことが活かされます。休み時間は、他の塾生たちと楽しく過ごせて、雰囲気もとてもいいです。

Hさん

休み時間にはおやつが待っているので楽しみです(笑)。勉強も楽しいので、毎日塾に通いたいです!

中学生
Aさん

先生が面白くて、勉強を楽しく進めることができるし、解らないところは先生が的確にアドバイスをしてくれるので、苦手意識を克服できます。面白いのは先生と勉強だけではなく、教室もちょっと面白いです。教室は2階なのですが、1階には図書室みたいに本がたくさんあって、休み時間には好きな本を読むことができるし、自習することもできます。そのお部屋には、ピアノやギターもあって、気分転換に弾くこともできるんです!

Bさん

塾に通い始めて良かったことは、計算が得意になったこと、文章題が得意になったこと、単語を覚えるコツがわかり、英語の問題がスラスラ解けるようになったことです。不得意が得意に変わりました!

Cさん

塾に入って初めてテキストを見たとき、「うわっ、問題がいっぱい!!」と思ってしまいました。でも、勉強していくうちに、自分ができないところが分かってきて、解らないところを繰り返し解いていくことでできるようになってきました。問題量はたくさんありますが、すべてやり終えた後は達成感があって良いです!

受験を終えた塾生からの声
Aさん

受験前は、ギリギリまで気持ちが追い詰められていましたが、受験当日まで精いっぱい勉強して志望校に合格することができました。やるべきことはやった、という気持ちがあったので、当日は落ち着いて試験を受けることができました。合格発表までは不安もありましたが、合格が分かったときはすごくうれしかったです。

Bさん

受験勉強はとても大変でした。過去問を繰り返し解きました。自分の苦手なところは、沢山プリントをやりました。もうだめだ、と思ったことはたくさんあったけれど、受験本番で、塾で勉強した問題が出たときは、頑張ってやってきてよかった!!と思いました。志望校に合格できて本当によかったです!!

▲ページトップへ

入会資料

次のファイルを印刷してお使いください。